• ホーム
  • 誰にも見せたくない!大人ニキビを防ぐには?

誰にも見せたくない!大人ニキビを防ぐには?

2019年11月12日

ニキビといえば10代の思春期に起こりやすい肌トラブルというイメージがありますが、20代・30代と大人になってから、ニキビに悩まされる女性も少なくありません。
成人してからできるニキビは「大人ニキビ」とも言われており、悩んでいる女性が多い肌トラブルです。

1つでもできてしまうと憂鬱な気持ちになってしまうニキビですが、大量にできてしまった場合は「誰にも見られたくない!」と、ふさぎ込んでしまう人も少なくありません。
大きなストレス・コンプレックスになってしまう大人ニキビ、防ぐ方法はあるのでしょうか。

大人ニキビは様々な要因で起こると考えられており、その1つとして食生活の乱れが挙げられます。
仕事をするようになって忙しさのあまり、毎日の食生活に気を使うことができないという人も多いようです。
コンビニのお弁当や外食などが続く、また食事をお菓子で済ませてしまうなど、食生活が乱れてしまうと、タンパク質やミネラル類、ビタミン類といった栄養素が不足してしまいます。

これらの栄養素は肌の代謝を高めたり、肌細胞を作るために必要不可欠です。
栄養バランスが崩れてしまうと、大人ニキビも起こりやすくなります。
また、肌の乾燥も大人ニキビには大敵です。
ニキビといえば皮脂分泌が過剰な肌質で起こりやすいというイメージがありますが、実は乾燥肌も要因になると考えられています。
乾燥肌で大人ニキビができやすいという人は、保湿を重視したスキンケアを行ってみましょう。

この他に肌の代謝が低下することも、大人ニキビを引き起こします。
代謝が落ちることで毛穴の中に古い角質などが溜まり、ニキビができやすい肌状態となるようです。
大人女性は定期的にピーリングケアをして、古い角質を除去してみることをおすすめします。

肌トラブルに悩まされているときには、スキンケアだけ注目してしまいがちですが、食生活の乱れを整えたり、睡眠不足を解消するなどライフスタイルを見直すことも予防に繋がります。

ホルモンバランスを整えて大人ニキビを防ごう

20代・30代の大人女性で「大人ニキビ」に悩まされているという場合、ホルモンバランスが乱れているかもしれません。
ホルモンバランスと肌トラブル、あまり関係性が無いように感じるかもしれませんが、実は大きく関係しています。
なぜ、ホルモンバランスが乱れてしまうと大人ニキビができるのか、そしてホルモンバランスの整え方をチェックしてみましょう。

女性は卵巣で卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2つの女性ホルモンが分泌されています。
そして少量ではありますが、男性ホルモンも女性の体内では作られています。
ホルモンバランスが整っていれば、特に問題は起こりません。
ですが、女性ホルモンバランスが崩れてしまうと、女性であっても男性ホルモンの働きが優位になります。

男性ホルモンは皮脂の過剰分泌を起こすホルモンです。
ニキビは皮脂が毛穴の中に詰まると起こりやすい肌トラブルと考えられています。
女性ホルモンバランスが崩れて、男性ホルモン作用で皮脂の過剰分泌が起こると結果的に、ニキビとなりやすい肌質となります。

ホルモンバランスは、睡眠不足やちょっとしたストレスで乱れてしまいます。
20代・30代は仕事や育児、家庭のことなどでストレスを感じやすい世代です。
また、忙しく睡眠不足にも陥りやすいことから、皮脂の分泌量が増えて大人ニキビを引き起こしてしまいます。

大人女性が美肌を目指すには、ホルモンバランスを整えることが大切です。
睡眠時間を十分に確保するだけでも、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。
さらに、日頃からストレスを解消する方法を見つけたり、女性ホルモンと同じ作用をすると言われている大豆イソフラボンなどの栄養素を、意識して補うのもおすすめです。