お知らせ
最新の投稿
鏡を見ている女性

女性が気にする肌の代表的な悩みと言えるのがシミです。
特に30代以降から肌表面に出てくるリスクが高まり、それ以降続々と増えていくといったケースもあります。
しかも簡単には消すことができないことで長年の悩みになってしまうことも少なくありません。
ただ、シミができてしまう原因を知り、適切な対策を講じることで増やさないようにできる可能性があります。
あるいは病院でのシミ治療を受けることで解消する選択肢もあるでしょう。

シミになってしまう原因について

シミ対策を適切に行うためには、まずなぜシミが生まれてしまうのか、その原因について知ることが大切ですが、根本にはメラニン色素の存在が関係しています。
メラニンとは黒色の色素のことであり、チロシンと呼ばれるアミノ酸の一種を基に増加していくのが特徴です。
蓄積されていくことでシミとなって残ってしまうものの、本来は肌を守るための大事な役割も持っています。
外的な刺激から肌を保護するために産生される色素ですので、有害なだけの存在ではありません。
とは言え増え過ぎてしまうことでシミとなり、審美的に悪影響を及ぼすために、女性からは邪魔な存在に感じられてしまうことが殆どでしょう。

ではなぜメラニンが増えてしまうのか、原因のひとつに挙げられるのが紫外線の存在です。
紫外線は非常に強い力を持つ光なことは知られていますが、肌にとって害になる物質も含んでいます。
それを浴びることによって活性酸素と呼ばれる物質が産生されるのですが、本来は外的な刺激から細胞を保護するための役割を持っているものの、増え過ぎた活性酸素は細胞にダメージを与えるようになります。
すると細胞を守ろうとする働きが内部で起こりますが、その際、肌の色素を濃くして細胞を守ろうとする指令が出されるのです。
その指令を受けることで、シミの基になるチロシンが増加していき、その結果、お馴染みのシミを生み出してしまうという仕組みです。

ただ、肌というのは一定の周期で生まれ変わっていくものですので、メラニンが産生されてしまった場合でも、色素沈着を解消する仕組みが備わっています。
そのためメラニンが作られたとしても、本来なら自然に解消されていくのです。
ところが肌を再生するためのターンオーバーという生まれ変わりのサイクルが乱れてしまうことで、メラニンを排出する機能が弱くなってしまうのです。

ターンオーバーが乱れる原因というのは複数存在するのですが、例えば加齢や生活習慣の乱れ、ストレスなどが挙げられます。
これらの原因によって肌を再生する力が弱くなると、シミを蓄積するリスクが高まってしまいますので、該当するところが多い女性は特に注意しなければいけません。
加齢に関しては避けられない要素ゆえに対策は難しいものの、生活習慣などへの対策なら行えるはずです。
アンチエイジングに良い生活を心掛けることで、シミのリスクを最小限に抑えることもできるでしょう。

レーザーで肌のシミを消すにはリスクがあります

しつこく残ってしまうシミを撃退する方法としては、皮膚科や美容クリニックにおけるレーザー治療を受けるという選択肢があります。
これは、レーザーから発せられる強い光によって、蓄積されたメラニンを破壊してしまう施術です。
医療用のレーザーは非常に強力な出力をもっており、黒い色素に反応する特性がありますので、メラニンだけ集中的に排除していくことができます。
一回の施術からでも効果を実感できることもあるほどで、その効果の高さからシミを気にする女性から人気があります。
ただし、レーザー治療にはリスクもあるために、十分にカウンセリングを受けた上で判断することが大切です。

発生し得るリスクとしては、ひとつにやけどが挙げられます。
そもそもレーザー治療は患部を焼く治療でもあるため、やけどの症状が出てしまう可能性が高いです。
数日程度で赤みや腫れはなくなるのが通常ですが、医師の技術力によっては治りが遅くなることも考えられるでしょう。
レーザー治療はシンプルな施術ながらもシミの状態や出力などの見極めも必要ですので、技術力不足の医師が行うとダメージが大きくなる恐れがあります。
安全性も重要ですから信頼のできる医師を見付けることが、治療に失敗しないためのポイントになってくると言えるでしょう。

治療をきっかけに、逆に新しいシミができてしまうリスクもあります。
これはPIT(炎症後色素沈着)と呼ばれるものですが、レーザーの強い光が刺激となり、逆にシミの増加を生み出してしまうことがあるのです。
治療を受ける人の半数弱に発生すると言われている症状ですので、実際に見舞われてしまう可能性について、予め理解をしておいた方が良いでしょう。
ただ、通常はターンオーバーを繰り返していくことで薄くなっていくため、それほど心配はないと言えるものの、なかなか消えないケースもあることを知っておかなければいけません。

上手くシミが消えてくれない可能性もリスクと言えるでしょう。
レーザーは優れた効果を発揮しますが、効果が出るのは基本的に黒色や茶色のシミだけです。
もし、そこまで色味が濃くない場合ですと、上手くレーザーが反応しませんので、期待するような効果を得られないこともあるのです。
その上、肌に強い刺激を与えたことで、肌荒れや色素沈着などが起こることもあり得ます。

シミができないようにするには洗顔方法も大事

一度できてしまったシミを解消するのは簡単ではありません。
そのため、シミを作らないよう気を配った生活を送ることも大切です。
普段からできる心掛けもありますので押さえておくのが良いと言えます。

ポイントとしては、まず洗顔方法に気を配ってみることですが、スキンケアのベースでもある洗顔は、やり方が良くないとシミを増やしてしまうリスクがあるのです。
注意点のひとつに、ゴシゴシと擦らないようにすることが挙げられます。
洗顔の際には力を入れて洗ってしまいがちですが、それが肌への刺激となり、メラニンを増やしてしまう恐れがあるのです。
肌はデリケートですので泡を上手に使って優しく洗うように心掛けていきましょう。

安全性に気を配って洗顔料を選ぶといった工夫も必要です。
使用する洗顔料が刺激性のものですと、肌への負担になる恐れがありますので、低刺激で使える安全な物をチョイスするのが良いと言えます。
特に肌が弱っている人は、より一層の慎重な選び方が求められます。
乾燥肌や敏感肌などは普通肌よりも刺激に対してデリケートになっているため、刺激のある洗顔料が大きな負担になり兼ねません。
もし症状が重たいようなら、無理に洗顔料を使うことはせず、ぬるま湯で洗うといった工夫を講じるのも良いです。

洗顔方法以外にも気を配りたいこともあります。
例えば摂取する食材に気を配った食生活を送るといったことも大切です。
メラニンをスムーズに排除するためには、健康的で丈夫な肌でなければいけませんが、そのためにも肌にとって必要な栄養をしっかりと補う必要があります。
積極的に摂取したい食材の代表的なところとしては、ビタミンCを多く含む物が挙げられます。
ビタミンCにはメラニンを抑制する働きがあり、美白作用に期待ができる栄養素と知られています。
肌の老化を防止するためにも欠かせない栄養素ですので、意識して食事に取り入れていくのがアンチエイジングのコツと言えます。

なお、食事から栄養を補給していくのが理想的ではあるものの、十分な量を毎日補うのは簡単なことではありません。
もっと手軽に栄養を補うためにサプリを活用するのも選択肢のひとつです。
ビタミンCをはじめ、その他のシミに良い栄養素も手軽に補えます。
必要量も十分にカバーできるはずですので、シミ対策の一環としてサプリを上手に活用していくと良いでしょう。